グローイン・グランマ通信

NPO法人グローイン・グランマのブログです
NPO法人グローイン・グランマは川崎市を拠点に子どもの健やかな育ちを願って、子育て支援を目的にし、2008年12月にスタートしました。保育園の元園長達が自らの経験や技術を生かしながら、子育て支援と乳幼児教育関係者の研修を中心に子どもに関わる活動を続けています。
7月の保育セミナーのお知らせ
0

    7月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
    たくさんのご参加お待ちしております。
    申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

     

    講師:園田 巌 氏(東京都市大学講師)
    内容:新保育所保育指針 「子育て支援と保育ソーシャルワーク」
    保育所の特性は、日々の送迎などを通して直接的、継続的に子育て支援を展開できることです。保護者との相互理解、保護者の状況に配慮した個別の支援を保育ソーシャルワークの技術を習得することで、家庭と連携した子どもの健やかな育ちを支援しましょう。

     

    お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
     記事内にて回答いたします。

     

    ↓クリックして拡大

    | growin-granma | 保育セミナー | 20:39 | comments(0) | - |
    0歳児の親子のためのこころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」
    0

      0歳児の親子のためのこころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」

      主催:川崎市男女共同参画センター(愛称 すくらむ21)
       

      3月8日(木)の内容を紹介します。

       

       

       

      ↓クリックして拡大

       

      ―あそびの様子・活動をとおして―

       

      「どんな出会いがあるかな」と楽しみにスタートした「ちいさなおはなし会」。

      あっという間に一年が経ちました。

      3月に入り暖かい日が続いた後、雨が降り、寒のもどりもあって非常に寒い一日でした。

      小さなお子さんを連れてのお出かけは大変ですが、みなさん元気にお顔をみせてくださ

      いました。

       

      絵本の読み聞かせから

       

      こども向け

      「おひさま あはは」(前川かずお作)

      「おひさまが あはは」「おおきな きが あはは」「みんな あはは」。

      お母さんに抱っこされて見ていた赤ちゃんも、一緒に、にこにこ笑顔を見せてくれました。

       

      「おふろでちゃぷちゃぷ」(松谷みよ子文・いわさきちひろ絵)

      「あひるちゃんどこいくの」「いいとこ いいとこ」「あたまあらって きゅーぴーさん」

      がかわいいですね。

      いわさきちひろが描いたシンプルでやさしい絵。1970年以来、世代を超えて愛され続けています。

      他「だっこして」(にしまきかやこ著)

       

       

      大人向けに

      「あなたがうまれたとき」ちひろのあかちゃん日記(いわさきちひろ)

      いわさきちひろ生誕100年ということで、「あなたがうまれたとき」を紹介しました。

      「あかちゃんの誕生から1年の成長を書き止め、親が子に送る愛の日記帳」(出版社説明より)

      絵本を読み始めると、お母さんたちは「うん うん」とうなずき、お子さんは「あーあー」と声をあげ、ごきげんでした。

      成長を振り返る絵本として、その他「おおきくなるっていうことは」(中川ひろたか文・村上康成絵)・「かみさまからのおくりもの」(ひぐちみちこ作)・「けんかのきもち」(柴田愛子文・伊藤秀男絵)を紹介しました。

       

       

      おしゃべりタイム

       

      成長を伝える節目の「絵本」を紹介した後、

      「我が子の成長を感じるとき」をテーマにおしゃべりタイム

      昨日できなかったことが、今日できるようになり、日々成長を感じる毎日。

      寝返りや、ハイハイ、つかまり立ちができるようになったなどの、身体的な発達と共に、親の顔と他の人の顔を区別するようになり、親子の絆が少しずつ感じられるようになった。

      側にいるだけで安心して遊ぶようになり、子どもが成長したことで自分の心に余裕が生まれた。また、離乳食を「嫌いなものはきらい」と意思をはっきり出すようになり、一心同体から11の関係になったような気がする。など、心の成長も語られていました。

      子育てに忙しい日々ですが、我が子の成長とともに、親としての成長も一緒に感じているお母さんの姿に、エールを送りたいと思います。

       

      わらべうた

      ♪くまさんくまさん♪

       

      あそびの紹介

       

      二手に分かれ「ジャンケンポン」勝った人が一筆書き込み、

      先に「花」を描き終えた方が勝ち!

       

      さいしょはグー ジャンケンポン!

       

       

      ボードビル「花のワルツにのせて」

      ワルツにのって花や、小鳥、青虫さんが登場して踊ります

       

      最初の「ちいさなおはなし会」で、

      お父さん、お母さん自身が「こんな絵本があるんだ」「これ、おもしろそう」と絵本に出会うことが、絵本の世界に親しむ第一歩になるのでは、とお伝えしました。我が子に読んであげたい絵本みつかりましたか?今年度最後の「ちいさなおはなし会」でした。

      一年間ありがとうございました。

       

      次年度につきましては、「すくらむ21」のホームページをご確認ください。

       

      http://www.scrum21.or.jp/


      ご意見・ご感想はブログのコメント欄をご利用ください。非公開をご希望の方はその旨お書き添えください。
       

      | growin-granma | 絵本の読み聞かせ | 22:01 | comments(0) | - |
      2017年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 2月
      0

        2017年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 2月

        主催:川崎市男女共同参画センター(愛称 すくらむ21)

         

        28日(木)の内容を紹介します。

         

        ↓クリックして拡大↓

         

        ―あそびの様子・活動をとおしてー

        暦の上では、立春ですが、日本海側では記録的な大雪に見舞われ、生活に様々な支障をきたしております。私たちの回りも先日降った雪が固まって残っているところがまだ見られますが、ちらほら梅も咲き始めました。春が待ち遠しいですね。

         

        前回参加されたお父さんとお子さんが今回も参加してくださいました。また、上のお子さんの時に参加され、今度は下のお子さんを連れて参加の方もおられ、とても嬉しい再会となりました。

         

        絵本の読み聞かせから

        子ども向け『まるまるころころ』 作:得田之久 絵:織茂恭子

         

        ととけっこう よがあけた』 案:こばやしえみこ 絵:ましませつこ

         ♪ととけっこう よがあけた まめでっぽーおきてきなー♪のところを

         ♪ととけっこう よがあけた お子さんの名前おきてきなー♪と替えて

        歌ってみました

         

        『にんじんさんがあかいわけ』 文:松谷みよ子 絵:ひらやまえいぞう

         にんじんさんと、ごぼうさんと、だいこんさんが一緒にお風呂に入ったら・・

        人参さんが赤く、大根さんが白いと言うその訳が、なるほどと納得。

          

         

        『おひさまあはは』 作:前川かずお 

        暖色で描かれた、あったかーい絵本です。

        すぐそばで見ていたお子さんが、お母さんに抱っこされて一緒にニッコリ笑ってくれました。

         

         

         

        大人向けに素話(語り・絵のない語りだけの話) 『ねずみじょうど』

        『おむすびころりん』と同じストーリーですが、そばもちがころころ転がって小さな穴にころんと入ってしまった・・ 読み手が語り始めると、一人のお子さんが、ごろごろしながら、いつの間にか語り手の足元に。気持ちよさそうに手足をバタバタ、語り手の足をスリスリ、語り終わるまでそばを離れませんでした。

         

         

        親子で絵本タイム

         

         

        遊びの紹介

        伝承遊び

        だるま落とし・ブリキこま・けん玉・まりつき・あやとり・ぱたぱた               

         

        けん玉に挑戦

         

         

        2人であやとり  ♪ぺったらぺったん 

         

        おしゃべりタイム

        昔話のリストを見ながら、「お母さん、お父さんの好きな昔話」を思い出とともに語っていただきました。

         

        昔話や民話となると、すぐ思い出せるのは「ももたろう」や「うらしまたろう」「さるかにがっせん」「かちかちやま」など。

        話していくうちに、寝る前に母親に昔話を聞いたこと、お天気雨を「狐の嫁入り」と言うことを祖母に聞いた話や、お休みの日に朝寝坊をしていると、「三年寝太郎みたいになっちゃうぞ」と起こされたことなど、懐かしむ様子が伝わってきました。

        「さるかにがっせん」の劇で、サル役だったこと、「ももたろう」の劇では鬼役になり、テンションが下がったことなど、昔話にかかわるクスッと笑える思い出話もだされました。

        思い出話を聞いているうちに、昔も今も普段の生活に昔話が深くかかわっていることを感じました。

        昔話は語り継がれ伝承されてきたものですが、再話されて絵本になっているものもあります。生の声で語ってもらい、ぬくもりを感じながら、聞いた昔話。これからも次の世代へと語り継いでいきたいですね。

         

        次回 3月8日(木)今年度最後の「ちいさな おはなし会」となります。

        皆様の参加をお待ちしております。

         

        お申込みなどは「すくらむ21」の電話・FAX・ホームページにて
        http://www.scrum21.or.jp/


        ご意見・ご感想はブログのコメント欄をご利用ください。非公開をご希望の方はその旨お書き添えください。

        | growin-granma | - | 20:19 | comments(0) | - |
        保育セミナーだより(30年2月11日)
        0

          保育セミナーだより(30年2月11日)

           

          30年1月25日に安藤 正紀先生による「乳幼児や発達の遅れた子どもの感覚運動指導」を開催しました。

           

          研修内容の一部です。

          ムーブメント教育・療法とは
          ・「遊び」が原点
          ・「からだ・あたま・こころ」の全面的な発達を図る
          ・「〜したい」という気持ちを引き出すアプローチ
          ・環境との相互作用
          ・子ども中心=柔軟な働きかけ

           

          受講者の感想です。

           

          感想より
          ・楽しみながらということの大切さを改めて感じた。
          また、説明能力の必要性を感じた。
          ・理論の大切さ実践の楽しさの両立が大切。
          ・日ごろの保育について、根拠、理論があることを保護者に伝えていきたい
          ・これからは親にきちんと説明できるよう理論を知り、話せるようになることが大切
          ・子どもは楽しく、大人には説明能力=理論を学ぶ、大人自身のイメージ力の必要性を感じた
          ・乳児から取り入れられるムーブメントを具体的に知れた
          ・感覚運動→知覚と得られる力が変わっていく援助を今まで自分が考えていなかった。即実践します。

           


          お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
           記事内にて回答いたします。

          | growin-granma | 保育セミナー | 15:08 | comments(0) | - |
          2017年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 1月
          0
            2017年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 1月
            主催:川崎市男女共同参画センター(愛称 すくらむ21)

             

              113日(土)の内容を紹介します。

             

             

             

            ↓クリックして拡大

             

             

            遊びの様子・活動をとして

             

            新しい年をむかえました。今年も元気な育ちを願い気持ちも新たに「ちいさなお話会」の始まりです。

            今年度2回目の土曜日開催でした。お父さんの参加も多く、いつもとちょっとちがった雰囲気の中、親子一緒に絵本を見たり、懐かしいお正月遊びをしたり、照れながらもわらべ歌で体を動かして遊びました。

             

            絵本の読み聞かせから

            子ども向け

            『ごろんごゆきだるま』 作・たむらしげる

            『わーらった』  作・風木一人 絵・市原淳

            『ばいばいまたね』 作・絵さとうわきこ 他

            安心しきった様子で、抱っこや、お座りで、じーっと読み手を見つめていました。

             

            『あがりめさがりめ』ーおかあさんと子どものあそびうたー  作・ましませつこ

             

            絵本をめくると懐かしい手遊びうたが載っています。みんなで歌ってあそびました。

            わが子に「あがりめさがりめ」をやって見せたり、「げんこつやまのたぬきさん」など、だんだん思い出してきた様子、歌声も大きくなってきました。

             

            大人向け

            『鬼といりまめ』(行事むかしむかし) 作・谷真介

             

            天を見上げ「だれでもいい。雨をふらせてくれたらかわいいおふくをよめにやる」すると、願いどおり雨を降らせたのは、なんと鬼だったのです。その後の展開に、母親の娘を思う知恵に感心   したり、けなげな鬼がかわいそうに思えてきたり。節分の由来絵本の1冊です。

            2018年の節分は、23日(土)大きな声で「鬼は外」「福は内」と福を招き入れたいものです。

             

            親子で絵本タイム


            お父さんが読み手

            お母さんは、横からのぞき見?

            お母さんは読書に夢中?

             

            一冊の本をみんなで仲良く

             

            ふれあいあそび

            わらべうたから

             

            おせよおせよ

             

            ぺったらぺったん

            お餅(お手玉)があたまの上に?

             

            おしゃべりタイム

             

            一年の始まりの月でもあるため「子どもに伝えたい年中行事・記念日」について

            語ってもらいました。

            行事一覧表を手にすると、幼いころの記憶がよみがえってきたようでした。

            ひな祭りや端午の節句、七夕、クリスマス、どんど焼きなど、それぞれに思い出深い行事があります。「七五三」のお祝いでお化粧や着物を着せられ嫌だった記憶があるけれど、自分が親になってみると、節目として成長を喜び合いたいと思う。

            また、母の日・父の日に「大好き」と言われたい。など、

            親となって、行事に対する思いも変わったようです。是非、次の世代に日本の行事・我が家の行事を伝えていってほしいと思います。

             

             

            遊びの紹介

            正月遊び

             

            福笑い

             

            コマまわし じっと見つめる子どもたちの表情が可愛い

             

            大山こまに挑戦したお父さん    まわった!!

             

            絵あわせ

             

            先月、「自然物を使ってフォトフレームを作ろう」と材料選びをしましたが、家に帰ってから実際に作ったという嬉しい報告をうけました。できあがったフレームにわが子の写真を入れて、おばあちゃんにプレゼント。大変喜んでもらえたそうですよ。

             

            次回は 28日(木) 皆様の参加をお待ちしております。

             

             

            お申込みなどは「すくらむ21」の電話・FAX・ホームページにて
            http://www.scrum21.or.jp/


            ご意見・ご感想はブログのコメント欄をご利用ください。非公開をご希望の方はその旨お書き添えください。

            | growin-granma | 絵本の読み聞かせ | 12:47 | comments(0) | - |

            一番上へ