グローイン・グランマ通信

NPO法人グローイン・グランマのブログです
NPO法人グローイン・グランマは川崎市を拠点に子どもの健やかな育ちを願って、子育て支援を目的にし、2008年12月にスタートしました。保育園の元園長達が自らの経験や技術を生かしながら、子育て支援と乳幼児教育関係者の研修を中心に子どもに関わる活動を続けています。
<< 2018年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 12月 | main | 平成31年1月の保育セミナーのお知らせ >>
「かわさき子どもの権利の日のつどい」イベントを終えて
0

    川崎市には「子どもの権利条例」があります

    川崎市こどもの権利条例は、全国ではじめて、平成13(2001)年に誕生しました。

    子どもがひとりの人間として大切にされ、守られながら、自分らしく生きられるように作られたものです。条例は11月20日を「かわさき子どもの権利の日」としています。

     

    今年度は2018/12/15(土)に幸市民館で、イベント「かわさき子どもの権利の日のつどい」が開催されました。

     

    グローイン・グランマではこのつどいに参加し、「親子で作って遊ぼう・玉手箱」を開催しました。

    牛乳パックを使って親子で工作をしました。

    玉手箱の中から何が出てくるかな? ワクワク、ドキドキ……

     

    写真は製作中の様子です。

    お父さんたちの参加も多くあり、和やかな雰囲気の中で進行しました。

     

     

    お父さんやお母さんに手助けしてもらいながら思い思いの作品を仕上げ、個性のある玉手箱ができました。

     

     

    仕上がった作品で遊びながら「楽しかった!」という感想が多く聞かれました。

    また「お母さんを驚かしてみたい!」と笑顔で話すお子さんもいました。

    | growin-granma | イベント | 20:53 | comments(0) | - |










    一番上へ