グローイン・グランマ通信

NPO法人グローイン・グランマのブログです
NPO法人グローイン・グランマは川崎市を拠点に子どもの健やかな育ちを願って、子育て支援を目的にし、2008年12月にスタートしました。保育園の元園長達が自らの経験や技術を生かしながら、子育て支援と乳幼児教育関係者の研修を中心に子どもに関わる活動を続けています。
<< ゴーゴーきっず参加者募集 あそびのめいじんとあそぼう 7月 | main | 保育セミナーだより  2018/7/8 >>
2018年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 6月
0

    2018年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」
    主催:川崎市男女共同参画センター(愛称 すくらむ21)
     

    614日(木)の内容を紹介します。

     

     

     

    ↓クリックして拡大

     

    ―あそびの様子・活動をとおして―

     梅雨の時期に入りましたが、この日は梅雨の中休み。小さなお子さんを連れてのお出かけは、お天気が気になりますね。

    「絵本とのかかわり」について、私たちの思いをお伝えしながら今年度初めての「ちいさなおはなし会」を進めていきました。

     

    絵本の読み聞かせから

     

    こども向け

    「あめふり」(まついのりこ作・絵)

    「てんてんてん」(わかやましずこ作)

    「いないいないばあ」(松谷みよ子作・瀬川康男絵)

    赤ちゃんは「いないいないばあ」が大好き。何度も繰り返して楽しみます。

    世代を超えて読みつがれているミリオンセラーの「いないいないばあ」は、まさに一番最初に出会う絵本の一冊かもしれません。

    絵本に合わせて「ばー」とお子さんのかわいい声が聞かれました。

     

    「あめぽぽぽ」(ひがしなおこ作・きうちたつろう絵)

    雨の日、公園までのお出かけです。リズミカルな雨の音の表現や、砂場についた雨のあしあとなど雨の日も楽しくなります。雨が上がった最後のページは緑がみずみずしく、さわやかな気分になりますよ。

     

    大人向け

    「だるまちゃんとかみなりちゃん」(かこさとし作・絵)

    5月に92歳で亡くなられた「かこさとし」さんは、川崎とは縁が深く、絵本作家を志した原点の地でもあります。「だるまちゃんとてんぐちゃん」「からすのぱんやさん」など600点以上の著書がありますが、その中から「だるまちゃんとかみなりちゃん」を読みました。

    お母さんからは「なつかしい」の声、世代を超えて読みつがれています。

     

    ふれあいあそび

    わらべ歌「ほーたるこい」

    ♪ほーたるこいやまみちこい♪

    手に提灯(ちょうちん)を下げて役を交代しながら遊びました。

     

     

    わらべ歌「くまさんくまさん」

    前のめりのかわいい姿で集中

     

    わらべ歌「おふねはぎっちらこ」

     

    あそびの紹介

    空き缶や、空き容器、牛乳パック、布を使った手作りおもちゃの紹介

    興味しんしん、みんな集まって「なんだろう」

     

    小豆やチェーンリングなど、音の出るものを入れたマヨネーズの空き容器がたいそうお気に入りのお子さんも、ずーっと手に持ちシャカシャカ鳴らしてご機嫌でした。

     

     

    おしゃべりタイム

    「絵本とのかかわり」をテーマにおしゃべりタイム

    お母さんからは「まだ絵本に興味がなく、ペロペロなめている」「姉妹がいるので上の子のリクエストに付き合っている」「絵本が好きで、決まった絵本の決まった場面で笑う」「本棚から好きな絵本を持ってくるようになった」など絵本とのかかわりは様々。

    また、「こどもが聞いてくれないのがストレスだった」「何回も同じ絵本を読んでもらいたがる」「かじったり、投げたりが多い」などの様子も話されました。

     

    「絵本」に対する私たちの思い

    ・絵本は、お母さんやお父さんなど身近な大人に読んでもらうことで、安心感や心の栄養につながる

    ・抱っこや触れあって、お互いにぬくもりを感じながら、読み手の生の声を聞く心地よさを大切にしたい

    ・最後まで読み終えなくても大丈夫。こどもの様子を見ながら、こどもの気持ちに寄り添い、立ち止まったり、戻ったり、繰り返したり、あまり構えないでいいのでは

    ・絵本選びは、成長とともに絵本の好みも変わるため、図書館で借りたり、絵本リストを参考にするとよい

    ・ぺろぺろかみかみ期は、ハードカバーの絵本を用意してみては

    ・ストーリーがしっかりしており、絵がしっかり描かれているものを選ぶ。ベストセラー絵本を参考に

     

    お母さん自身がたくさんの絵本に出会い、絵本の世界を楽しめるとよいですね。

     

    お楽しみタイム

    パネルシアターの前に

    ♪よいさっさ よいさっさ♪と、おしゃもじ人形を左右に振ると、

    つぶらな瞳が一斉に人形の動きを見つめます

     

    みんなで歌おう

    最後は、みんなで歌おう。「かえるの合唱」は輪唱で歌いました。

    最初は小さな歌声でしたが、4曲歌い終わるころには、気持ちものってはればれ。

    お子さんはお母さんの歌声にうっとりでした。

     

     

    次回726日(第4木曜日)

    ↓クリックして拡大

     

    みなさまの参加をお待ちしています。

     

    お申込みなどは「すくらむ21」の電話・FAX・ホームページにてお願いします。
    http://www.scrum21.or.jp/

    申し込み用紙はこちらから。

     

    ご意見・ご感想はブログのコメント欄をご利用ください。非公開をご希望の方はその旨お書き添えください。

    | growin-granma | 絵本の読み聞かせ | 22:20 | comments(0) | - |










    一番上へ