グローイン・グランマ通信

NPO法人グローイン・グランマのブログです
NPO法人グローイン・グランマは川崎市を拠点に子どもの健やかな育ちを願って、子育て支援を目的にし、2008年12月にスタートしました。保育園の元園長達が自らの経験や技術を生かしながら、子育て支援と乳幼児教育関係者の研修を中心に子どもに関わる活動を続けています。
<< 2017年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 1月 | main | 2017年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 2月 >>
保育セミナーだより(30年2月11日)
0

    保育セミナーだより(30年2月11日)

     

    30年1月25日に安藤 正紀先生による「乳幼児や発達の遅れた子どもの感覚運動指導」を開催しました。

     

    研修内容の一部です。

    ムーブメント教育・療法とは
    ・「遊び」が原点
    ・「からだ・あたま・こころ」の全面的な発達を図る
    ・「〜したい」という気持ちを引き出すアプローチ
    ・環境との相互作用
    ・子ども中心=柔軟な働きかけ

     

    受講者の感想です。

     

    感想より
    ・楽しみながらということの大切さを改めて感じた。
    また、説明能力の必要性を感じた。
    ・理論の大切さ実践の楽しさの両立が大切。
    ・日ごろの保育について、根拠、理論があることを保護者に伝えていきたい
    ・これからは親にきちんと説明できるよう理論を知り、話せるようになることが大切
    ・子どもは楽しく、大人には説明能力=理論を学ぶ、大人自身のイメージ力の必要性を感じた
    ・乳児から取り入れられるムーブメントを具体的に知れた
    ・感覚運動→知覚と得られる力が変わっていく援助を今まで自分が考えていなかった。即実践します。

     


    お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
     記事内にて回答いたします。

    | growin-granma | 保育セミナー | 15:08 | comments(0) | - |










    一番上へ