グローイン・グランマ通信

NPO法人グローイン・グランマのブログです
NPO法人グローイン・グランマは川崎市を拠点に子どもの健やかな育ちを願って、子育て支援を目的にし、2008年12月にスタートしました。保育園の元園長達が自らの経験や技術を生かしながら、子育て支援と乳幼児教育関係者の研修を中心に子どもに関わる活動を続けています。
7月の保育セミナーのお知らせ
0

    7月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
    たくさんのご参加お待ちしております。
    残席にはまだ余裕がありますが、お早めにお申し込みください。

     

    講師:園田 巌 氏(東京都市大学講師)
    内容:新保育所保育指針 「子育て支援と保育ソーシャルワーク」
    保育所の特性は、日々の送迎などを通して直接的、継続的に子育て支援を展開できることです。保護者との相互理解、保護者の状況に配慮した個別の支援を保育ソーシャルワークの技術を習得することで、家庭と連携した子どもの健やかな育ちを支援しましょう。

     

    お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
     記事内にて回答いたします。

     

    ↓クリックして拡大

    | growin-granma | 保育セミナー | 21:45 | comments(0) | - |
    保育セミナーだより  2018/7/8
    0

      6月29日(金)に和光大学 後藤紀子先生による「保育に音楽を!!〜歌いながら遊ぼう〜」を開催しました。

       

      研修内容の一部です。

      親子(大人と子ども)のふれあいあそび

      子どもは、小さい子どもはもちろんのこと、年齢が上がっても母親にギューッ!と抱きしめられることを望んでいます。そのために楽しく触れ合える環境を作ってあげる事が必要です。

       

      模倣遊び(手あそび)

      まねするだけでなく遊びを発展させる、膨らませていく事を大事にしたい。そのためには、子どもたちの意見を取り入れ遊びをともに作っていく意識が必要です。自分の表現を認めてもらえると子どもはさらに創造的な活動をしていきます。またそれを保育者が「すごいね!」と驚き認める。この繰り返しが遊びを発展させていくことになります。

       

      集団遊び

      集団遊びは、相手のことを考えてり、力加減をしたり、タイミングをあわせたりしなければ楽しく遊べません。トラブルが発生したり、人とぶつかり合ったりしながらも、子どもたちはさまざまな人間関係を学んでいきます。遊びで落ちこぼれを作らないこと。

       

       

      受講者の感想です。

       

      感想より

      ・とにかく楽しかった。大人が楽しむ=子どもも楽しいと思う。

      ・すぐに保育の中で生かせるものばかりで楽しかった。

      ・遊びのレパートリーが広がった。

      ・母の好きな歌を聞くと子どもは幸せになるという話はいいなと思った。

      ・スカーフを使った遊びやパネルシアターが良かった。自分でもやってみたい。

       

      お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)

       記事内にて回答いたします。

      | growin-granma | 保育セミナー | 17:32 | comments(0) | - |
      保育セミナーだより(30年6月12日)
      0

        30年5月24日に天野珠路先生(鶴見大学短期大学部保育科)による「新保育所保育指針・『保育の内容』改訂のポイント」を開催しました。

         

        研修内容の一部です。

         

        新保育指針(H29.3月告示/H30.4月施行)について

        (1)改定の趣旨(ポイント)

        ‘児・1歳以上3歳未満児の保育に関する記載の充実

        ∧欅藹衒欅蕕砲ける幼児教育の積極的な位置づけ

        子どもの育ちをめぐる環境の変化を踏まえた健康及び安全の記載の見直し

        な欷郤圈Σ板躓擇喘楼茲範携した子育て支援の必要性

        タΠの資質・専門性の向上

         

        環境を通して行う保育―主体的に遊ぶ子どもを育てる―

        (1)目標―ねらい―内容―内容の取扱い―配慮事項―環境構成―実践―省察・評価

        (2)環境を通して行う保育

        (3)環境構成の視点

        (4) さまざまな保育の環境構成

        ‘児室の環境

        1歳児の保育の環境

        2歳児の遊びの環境

        3歳以上児の遊びと学びの環境

        ・幼児の関心を高める環境・幼児の世界を広げる環境・幼児の興味を深める環境

        ・幼児の表現活動のための環境

        ケ狡蹐隆超

        四季折々の環境

         

        受講者の感想です。

        ・環境構成に関する話が画像でみれたことが参考になったし、わかりやすかった。

        ・環境構成の重要性、大切さを学んだ。

        ・幼児教育とは生活、遊び、環境を通して心情、意欲、態度を育むことである。

        学校教育の先取りを考える保護者が多いので伝えていきたい。

        ・小学校の先生にも乳幼児期の育ちを理解してほしいという話に共感した。

        ・指針についてとても分かりやすかった。

        これをカリキュラムに取り入れられる様に勉強したい

        ・改訂のポイントがよくわかった

        ・保育の総合性、豊かな心情、意欲、態度を育むための教育ということを見直していきたい。

        ・良いヒントをたくさんもらい良かった。とても勉強になった。

         

         

        お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)

         記事内にて回答いたします。

        | growin-granma | 保育セミナー | 22:00 | comments(0) | - |
        保育セミナーのご案内 5月
        0

          新保育所保育指針 「第2章 保育の内容」 〜改定のポイントと保育〜

          講師  天野珠路氏 鶴見大学短期大学部教授

          ※5/24に開催の本講座は満席となりました。※

           

          保育担当のみなさま

           

          麗春の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

          また、日頃より特定非営利活動法人グローイン・グランマの事業実施に際しましては、ご理解とご支援をいただき厚くお礼申し上げます。

          さて、2017年は、「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」「幼保認定型こども園教育・保育要領」のいわゆる3法令が改定された大きな節目の年となりました。保育を取り巻く環境や社会情勢、保育士に求められる役割の変化等に対応した「保育所保育指針」は約10年ぶりの改定で、2018年(平成30年)4月に施行となりました。

          今年度の当法人の保育セミナーでは、新保育所保育指針に触れた内容を取り入れながら、多様なテーマで、保育者の皆様の資質向上の一助になればと願って計画いたしました。

          新年度を迎え、大変お忙しい時期と存じますが、皆様のご参加心よりお待ちしております。

           

          平成30年4月12日

           

          NPO法人グローイン・グランマ

          代表 関 和子

           

           

          新保育所保育指針 「第2章 保育の内容」 〜改定のポイントと保育〜

          講師  天野珠路氏 鶴見大学短期大学部教授

          保育所保育が養護と教育が一体となって展開されることは従来通りですが、新指針では、0〜2歳児の保育所利用が増加していることを踏まえ、乳児保育や3歳未満児の保育内容の充実が図られています。また、保育所保育における幼児教育の積極的な位置づけも明確になっています。改定された新指針における「保育の内容」を理解し、質の高い保育を実践するための手がかりとしましょう。

           

          ↓クリックして拡大↓

          | growin-granma | 保育セミナー | 22:06 | comments(0) | - |
          保育セミナーのご案内 6月
          0

            保育担当のみなさま

             

            麗春の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

            また、日頃より特定非営利活動法人グローイン・グランマの事業実施に際しましては、ご理解とご支援をいただき厚くお礼申し上げます。

            さて、2017年は、「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」「幼保認定型こども園教育・保育要領」のいわゆる3法令が改定された大きな節目の年となりました。保育を取り巻く環境や社会情勢、保育士に求められる役割の変化等に対応した「保育所保育指針」は約10年ぶりの改定で、2018年(平成30年)4月に施行となりました。

            今年度の当法人の保育セミナーでは、新保育所保育指針に触れた内容を取り入れながら、多様なテーマで、保育者の皆様の資質向上の一助になればと願って計画いたしました。

            新年度を迎え、大変お忙しい時期と存じますが、皆様のご参加心よりお待ちしております。

             

            平成30年4月12日

             

            NPO法人グローイン・グランマ

            代表 関 和子

             

             

            生活の中に音楽を‼〜歌いながら遊ぼう〜

            講師  後藤紀子氏  和光大学准教授

             

            長時間、保育所で過ごす子どもたちにとって、生活の中で音楽に触れ、体を動かして楽しむことは豊かな感性を育んでいくことにつながります。保育士や他の子どもとコミュニケーションをとりながら楽しむ、手遊びや歌遊びを身につけて、音楽に親しむ環境を用意しましょう。

             

            ↓クリックして拡大↓

            | growin-granma | 保育セミナー | 20:48 | comments(0) | - |
            保育セミナーだより(30年2月11日)
            0

              保育セミナーだより(30年2月11日)

               

              30年1月25日に安藤 正紀先生による「乳幼児や発達の遅れた子どもの感覚運動指導」を開催しました。

               

              研修内容の一部です。

              ムーブメント教育・療法とは
              ・「遊び」が原点
              ・「からだ・あたま・こころ」の全面的な発達を図る
              ・「〜したい」という気持ちを引き出すアプローチ
              ・環境との相互作用
              ・子ども中心=柔軟な働きかけ

               

              受講者の感想です。

               

              感想より
              ・楽しみながらということの大切さを改めて感じた。
              また、説明能力の必要性を感じた。
              ・理論の大切さ実践の楽しさの両立が大切。
              ・日ごろの保育について、根拠、理論があることを保護者に伝えていきたい
              ・これからは親にきちんと説明できるよう理論を知り、話せるようになることが大切
              ・子どもは楽しく、大人には説明能力=理論を学ぶ、大人自身のイメージ力の必要性を感じた
              ・乳児から取り入れられるムーブメントを具体的に知れた
              ・感覚運動→知覚と得られる力が変わっていく援助を今まで自分が考えていなかった。即実践します。

               


              お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
               記事内にて回答いたします。

              | growin-granma | 保育セミナー | 15:08 | comments(0) | - |
              保育セミナーだより  2018 1月15日
              0

                29年12月13日(水)に掛札逸美先生による「子どもを預かる施設における深刻な事故予防」を開催しました。

                 

                研修内容の一部です。
                今の保護者は施設では怪我などリスクがないと思っている。
                保育の価値(育ちと学び)=リスク(ケガやケンカ等)がついてくるということを保護者に伝えることが大切である。
                怪我には共感性があるが深刻事故には共感性がない。
                職員間の連携とは自分の言ったことが現実になってはじめて連携となる。
                呼びかける→返事をする/復唱する/返事を要求する

                 

                受講者の感想です。
                感想より

                ・怪我をさせない保育ではなく、自分たちが提供している保育の価値に対するリスクであるという考え方に共感した。
                ・価値=リスクがついてくるという言葉は目からうろこでした。リスクではなく価値を伝える、ポジティブ保育を心がける。
                ・プラスの話題の中でリスクを親に伝えていく(リスクに慣れてもらう)
                ・保護者に子どものリスクを伝えるということや、「リスクはつきもの」を具体的に話してくれてわかりやすかった。


                お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
                 記事内にて回答いたします。

                | growin-granma | 保育セミナー | 21:18 | comments(0) | - |
                2018年1月の保育セミナーのお知らせ
                0

                  2018年1月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
                  たくさんのご参加お待ちしております。
                  申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

                   

                  講師:安藤 正紀氏 (玉川大学教職大学院教授)
                  内容:乳幼児や発達の遅れた子どもの感覚運動指導
                  ムーブメント教育・療法は、子どもの自主性、自発性を尊重し、子ども自身が動くことを学び、動きをとおして「からだ(動くこと)」と「あたま(考えること)」と「こころ(感じること)」の調和のとれた発達を援助します。従来の単なる体育遊びや体育指導ではなく、また、医学療法を中心とした治療訓練でもありません。

                   

                  お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
                   記事内にて回答いたします。

                  ↓クリックして拡大

                  | growin-granma | 保育セミナー | 21:56 | comments(1) | - |
                  保育セミナーだより(2017/11/17)
                  0

                    保育セミナーだより(2017/11/17)
                     
                    291117日(金)に水野智美先生による講座「発達障害について」を開催しました。

                    研修内容の一部です。

                     

                    ○発達障害の基本中の基本は「先生の指示がわからない」ことである。

                    指導のポイントは「わかる環境をつくる」

                    1.はっきり短く具体的に

                    2.目で見てわかる手がかり(絵カード・実物・ジェスチャーなど)

                    3.指示は個別に

                    4.指示はその子が主語になるように

                     クレヨンもってきなさい×→クレヨンもってきます

                     ちゃんと坐りなさい×→ちゃんと坐ります

                     

                    ○自閉症児は偏食が多い

                     例:白ご飯のみ、固形物を一切くちにせず

                     

                    1.偏食指導の大原則は

                    .スモールステップで挑戦する

                    ・少しでも食べたらほめる

                    2.絶対やってはいけないこと

                    ・無理やり食べさせる

                    ・こわがらせる 例 「食べないと病気になっちゃうよ」 おどしはダメ


                    お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
                     記事内にて回答いたします。

                    | growin-granma | 保育セミナー | 21:50 | comments(0) | - |
                    12月の保育セミナーのお知らせ
                    0

                      12月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
                      たくさんのご参加お待ちしております。
                      申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

                       

                      講師:掛札 逸美 氏(NPO法人保育の安全研究・教育センター代表理事東京都市大学講師)
                      内容:子どもを預かる施設における深刻事故予防
                      保育所での深刻な事故は後を絶ちません。数の増減を云々したり、認可認可外を
                      云々したリという話になるのでしょうが、とにかく一人の命は一人の命、その向こうに家族、保育士、みんながいます。命をできる限り守るために「することをする」「してはいけないことをしない」。すべきことをしないで、してはいけないことをしてしまって子どもに大きな障害が残ったり、亡くなったりしたら・・・?子どもの命を守り、保育者の心を守るための話をしましょう。

                       

                      お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
                       記事内にて回答いたします。

                      ↓クリックして拡大

                      | growin-granma | 保育セミナー | 16:35 | comments(0) | - |

                      一番上へ