グローイン・グランマ通信

NPO法人グローイン・グランマのブログです
NPO法人グローイン・グランマは川崎市を拠点に子どもの健やかな育ちを願って、子育て支援を目的にし、2008年12月にスタートしました。保育園の元園長達が自らの経験や技術を生かしながら、子育て支援と乳幼児教育関係者の研修を中心に子どもに関わる活動を続けています。
保育セミナーだより  2018 1月15日
0

    29年12月13日(水)に掛札逸美先生による「子どもを預かる施設における深刻な事故予防」を開催しました。

     

    研修内容の一部です。
    今の保護者は施設では怪我などリスクがないと思っている。
    保育の価値(育ちと学び)=リスク(ケガやケンカ等)がついてくるということを保護者に伝えることが大切である。
    怪我には共感性があるが深刻事故には共感性がない。
    職員間の連携とは自分の言ったことが現実になってはじめて連携となる。
    呼びかける→返事をする/復唱する/返事を要求する

     

    受講者の感想です。
    感想より

    ・怪我をさせない保育ではなく、自分たちが提供している保育の価値に対するリスクであるという考え方に共感した。
    ・価値=リスクがついてくるという言葉は目からうろこでした。リスクではなく価値を伝える、ポジティブ保育を心がける。
    ・プラスの話題の中でリスクを親に伝えていく(リスクに慣れてもらう)
    ・保護者に子どものリスクを伝えるということや、「リスクはつきもの」を具体的に話してくれてわかりやすかった。


    お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
     記事内にて回答いたします。

    | growin-granma | 保育セミナー | 21:18 | comments(0) | - |
    2018年1月の保育セミナーのお知らせ
    0

      2018年1月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
      たくさんのご参加お待ちしております。
      申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

       

      講師:安藤 正紀氏 (玉川大学教職大学院教授)
      内容:乳幼児や発達の遅れた子どもの感覚運動指導
      ムーブメント教育・療法は、子どもの自主性、自発性を尊重し、子ども自身が動くことを学び、動きをとおして「からだ(動くこと)」と「あたま(考えること)」と「こころ(感じること)」の調和のとれた発達を援助します。従来の単なる体育遊びや体育指導ではなく、また、医学療法を中心とした治療訓練でもありません。

       

      お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
       記事内にて回答いたします。

      ↓クリックして拡大

      | growin-granma | 保育セミナー | 21:56 | comments(1) | - |
      保育セミナーだより(2017/11/17)
      0

        保育セミナーだより(2017/11/17)
         
        291117日(金)に水野智美先生による講座「発達障害について」を開催しました。

        研修内容の一部です。

         

        ○発達障害の基本中の基本は「先生の指示がわからない」ことである。

        指導のポイントは「わかる環境をつくる」

        1.はっきり短く具体的に

        2.目で見てわかる手がかり(絵カード・実物・ジェスチャーなど)

        3.指示は個別に

        4.指示はその子が主語になるように

         クレヨンもってきなさい×→クレヨンもってきます

         ちゃんと坐りなさい×→ちゃんと坐ります

         

        ○自閉症児は偏食が多い

         例:白ご飯のみ、固形物を一切くちにせず

         

        1.偏食指導の大原則は

        .スモールステップで挑戦する

        ・少しでも食べたらほめる

        2.絶対やってはいけないこと

        ・無理やり食べさせる

        ・こわがらせる 例 「食べないと病気になっちゃうよ」 おどしはダメ


        お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
         記事内にて回答いたします。

        | growin-granma | 保育セミナー | 21:50 | comments(0) | - |
        12月の保育セミナーのお知らせ
        0

          12月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
          たくさんのご参加お待ちしております。
          申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

           

          講師:掛札 逸美 氏(NPO法人保育の安全研究・教育センター代表理事東京都市大学講師)
          内容:子どもを預かる施設における深刻事故予防
          保育所での深刻な事故は後を絶ちません。数の増減を云々したり、認可認可外を
          云々したリという話になるのでしょうが、とにかく一人の命は一人の命、その向こうに家族、保育士、みんながいます。命をできる限り守るために「することをする」「してはいけないことをしない」。すべきことをしないで、してはいけないことをしてしまって子どもに大きな障害が残ったり、亡くなったりしたら・・・?子どもの命を守り、保育者の心を守るための話をしましょう。

           

          お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
           記事内にて回答いたします。

          ↓クリックして拡大

          | growin-granma | 保育セミナー | 16:35 | comments(0) | - |
          11月の保育セミナーのお知らせ
          0

            11月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
            たくさんのご参加お待ちしております。
            申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

             

            講師:水野 智美 氏 (筑波大学医学医療系准教授)
            内容:発達障害児の理解と二次障害を防ぐために
            大人は、いわゆる“気になる子ども”を“困った存在”ととらえがちですが、じつはどうしていいかがわからずに困っているのは子どもたちなのです。
             障害児に対する偏見や誤解はなぜ生まれるのか、子どもの年齢や障害理解の深まりに合わせた、保育の進め方の具体的な知識や方法を学習する中で、保育者の望ましくない対応や不適切な指導方法を考えていきましょう。

             

            お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
             記事内にて回答いたします。

             

            ↓クリックして拡大

            | growin-granma | 保育セミナー | 22:39 | comments(0) | - |
            10月の保育セミナーのお知らせ
            0

              10月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
              たくさんのご参加お待ちしております。
              残席あり。申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

               

              講師:園田巌氏(東京都市大学講師)
              内容:家庭との連携・協働に必要な保護者支援の視点
              大きな課題が目の前にあったとき、みんな心の中では何とかしたいと思っています。でも、いろいろなことが原因でそれができない。それを解決・改善していくのは当事者。だとすると、支援者は何をすればいいのでしょうか…。
              支援者にとって家族とは、子どものすこやかな育ちのために、「ともに援助を行なう」「協力者としての」家族であり、「家族とともに考える」ことが重要です。


              お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
               記事内にて回答いたします。

              ↓クリックして拡大

              | growin-granma | 保育セミナー | 09:13 | comments(0) | - |
              保育セミナーだより(7/10)
              0

                2017(29年)7月10日(月)に今井和子氏による講座「0・1・2歳児の体と心の育ち(新指針を踏まえて)」を開催しました。

                 

                主な講義内容
                [1]ようやく見直されてきた3歳児未満保育の重要性
                *今日の子どもたちの育ちの危機は
                自己肯定感が育っていない
                引きこもり、コミュニケーション力が弱い(孤立化のシグナル)
                根底にあるのは愛着関係・人への基本的信頼が育っていない

                 

                [2]0,1,2歳児保育 5つの特徴
                ,劼箸螳貎佑了劼匹發噺き合い、個人差を大事にする
                家庭との連携
                成長が著しい。特に脳の発達
                ね楔遒大切にされていることで自己肯定感が育まれる
                ゲ板軼な少人数の環境の中で保育者との親密な関係性や自発性が育つ

                 

                [3]0,1,2歳児の身体と心の育ち
                ・愛着の形成 愛着とは?不安になった時、困ったとき、支えてくれる人がいるかどうか
                ・自我のめばえと自己主張のはじまり…初めて人とぶつかり合い葛藤の体験
                自我とは「僕のつもりを分かって!」自己主張の始まり→人とぶつかり合い、折り合う経験を学ぶ
                ・行動は子どもの自己表現→その行為の意味を考え子どもに伝える
                ・ねがいと悩み 双方の矛盾を理解し乗り越えられるよう支えるのが保育者、親の役割

                 

                感想より

                ・愛着関係の大切さ、心の育ちが乳児の保育に重要だということ
                ・愛着の形成の大切さをとても強く感じた。
                笑うこと、笑わせることを大切にして保育をしていきたい
                ・自己肯定感を育む、共育てが保育に求められている
                ・子どもと保護者との愛着関係がいかに大切か、養護の大切さを学んだ
                ・映像での食事シーン、自分と重なり胸が痛かった。


                お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
                 記事内にて回答いたします。

                | growin-granma | 保育セミナー | 22:31 | comments(0) | - |
                8月の保育セミナーのお知らせ
                0

                  8月の保育セミナーのお知らせ
                  8月の保育セミナーです。申し込み受付中です。
                  たくさんのご参加お待ちしております。

                   

                  講師:後藤紀子氏(和光短期大学人間学部准教授)
                  内容:子どもと楽しむ歌あそびとパネルシアター
                  子どもは、手遊びや歌遊び、音楽に合わせて体を動かすなど、音楽に関わる活動を好みます。
                  音楽活動を通して、リズムの面白さや歌を歌う楽しさを感じ取ることは、心を豊かに育むうえでとても大切です。歌やリズム遊びは、一人でも楽しめますが、友達と一緒に行うことでさらに楽しさが広がります。
                  セミナーでは、歌遊びや布を使った遊び、子どもたちとやり取りしながら作り上げるパネルシアターなど、楽しく演じるための技術を実技指導します。


                  お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
                   記事内にて回答いたします。

                   

                  追記7/15

                  終了予定時刻  20:30です。

                   

                  ↓クリックして拡大

                  | growin-granma | 保育セミナー | 21:25 | comments(1) | - |
                  9月の保育セミナーのお知らせ
                  0

                    9月の保育セミナーです。申し込み受付中です。
                    たくさんのご参加お待ちしております。

                     

                    講師:佐藤宏毅氏((有)どんぐりクラブ主宰)
                    内容:コミュニケーションと運動あそび

                    乳幼児期の身体機能の成長発達には、「走る、飛ぶ、跳ねる、投げる、」などの体育的な運動よりも、いろいろな遊びの中にそれらの要素を取り込んでいくことの方が効果的です。また、子どもが持っている力や意欲・興味を活かした遊びを取り入れることで、集中力や判断力を育てていくことができます。


                    お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
                     記事内にて回答いたします。

                    ↓クリックして拡大

                     

                    | growin-granma | 保育セミナー | 21:21 | comments(0) | - |
                    保育セミナーだより(7/8)
                    0

                      29年6月27日(火)に黒須和清先生による講座「簡単でたのしい工作遊び」を開催しました。

                      受講者の感想です。 

                       

                      ・素材によってボンドやテープなど。使い分けることを学んだ。
                      ・ボンドや紙、両面テープの特徴を知ることが出来た。
                      ・とても簡単で、材料もそろえやすい。
                       教え方のポイントも入り、とてもわかりやすくて良かった。
                      ・一工夫するだけでこんなに簡単で子どもの喜ぶものができることに感動した。
                      ・イラストは才能はいらない。イラスト集を見て練習すれば誰でも描ける。
                      ・絵は真似ることで学び上手になっていく。

                       

                      お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
                      記事内にて回答いたします。

                      | growin-granma | 保育セミナー | 10:44 | comments(0) | - |

                      一番上へ