グローイン・グランマ通信

NPO法人グローイン・グランマのブログです
NPO法人グローイン・グランマは川崎市を拠点に子どもの健やかな育ちを願って、子育て支援を目的にし、2008年12月にスタートしました。保育園の元園長達が自らの経験や技術を生かしながら、子育て支援と乳幼児教育関係者の研修を中心に子どもに関わる活動を続けています。
6月の保育セミナーのお知らせ
0

    6月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
    たくさんのご参加お待ちしております。
    申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

     

    会場が変更になりました。

    会場は川崎市総合自治会館1階第4会議室です。

    電話044-733-1232

    https://www.jichizaidan.or.jp/accessmap/

     

    講師:藤田佳子 氏 (淑徳大学教育学部准教授)
    内容:歌・手遊び・お話しを子どもと楽しむパネルシアター
    パネルシアターは、視聴覚コミュニケーション教材で、動画と静止画両方の特徴を持っている興味深い対面コミュニケーションツールです。歌や手遊び、お話しに合わせて、また子どもの発達に合わせたアレンジもできます。子どもたちに語りかけたり、クイズを出したりしながら双方向の楽しみ方ができるのが大きな魅力です!実演を見て、実際に作品を製作し、その作品を使って、子どもたちとの楽しい時間をつくりましょう。

     

    お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
     記事内にて回答いたします。

    ↓クリックして拡大↓

    | growin-granma | 保育セミナー | 21:37 | comments(0) | - |
    保育セミナーだより(5/24)
    0

      5/15に天野珠路氏による「いのちを守る保育・日々の備え」を開催しました。

       

      研修内容の一部です。

       

      〇東日本大震災にまつわる映像の記録
      「3.11その時、保育園はーいのちをまもる・いのちをつなぐ」
      震災2ヵ月後平成23年5月より、被災地の保育園等の協力により撮影したDVDを視聴
      〇東日本大震災を振り返る
      ・震災にまつわる保育現場の記録を残す
      ・子どもたちを守り抜く
      毎月の避難訓練の成果が生きる。地域と連携しての避難訓練
      ・大震災がもたらした課題
      ・日常保育の中での安全保育の実施
      子ども自身が身の安全を守る
      子どもとの信頼関係の構築
      〇保育現場における防災対策
      〇保育指針、要領の改訂と「災害への備え」
      ・新設された「災害への備え」及び「健康」の領域の一部改正
      ・保育現場における安全対策と避難訓練の重要性
      〇園の社会的役割と責任
      ・日常性と継続性に裏打ちされた保育の知識・技術を共有する
      「防災力を高めることは保育力を高めること」
      ・園の安全対策、危機管理を日常保育との関連で進めていくとともに地域の特性
      や環境を考慮した災害時の対応をつくりだしていく 他


      受講者の感想です。

      ・DVD、被災地の証言は心に残った
      ・東日本大震災の実際の映像、体験を踏まえた防災対策が聞くことができた
      ・地域の方との関係性の大切さ、判断力、行動力の必要性
      ・地域を巻き込んだ避難訓練に取り組んでいた保育園が、無事避難できたこと。日ごろからの地域との関係づくり
      ・子どもを守るという保育者の意識の高さ
      ・園の防災対策をしっかりすることを再認識、備蓄の見直し(アレルギー食など)
      ・毎月の避難訓練の大切さ(マンネリにならないこと)
      ・「防災力を高める」というのは「保育力を高める」ということ
      ・年齢ごとのねらいを持って活動につなげていくことの大切さ
      ・毎月の避難訓練の重要性と保護者への情報共有、子どもが身につける避難力、防災力、助け合う力を育む保育


      お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
       記事内にて回答いたします。

      | growin-granma | 保育セミナー | 21:36 | comments(0) | - |
      5月の保育セミナーのお知らせ
      0

        5月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
        たくさんのご参加お待ちしております。
        まだ残席には余裕がありますが、お早めにお申し込みください。

         

        講師: 天野 珠路 氏 (鶴見大学短期大学部教授)
        内容:いのちを守る保育 日々の備え
        「毎月繰り返して避難訓練をやっていてよかった」「連絡がつかなくても、保育園にいるから安心だと思った」。東日本大震災を生き抜いた保育者、保護者が語った言葉。「もし、保育時間中にあの揺れが襲ってきたら・・」。30年以内に発生すると言われている南海トラフ沿いで想定されているマグニチュード8クラスの大規模地震。日頃の避難訓練の本気が問われています。いのちを守るため、日々の保育の中で保育者がやらなければならないことを学びましょう。

         

        お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
         記事内にて回答いたします。

        ↓クリックして拡大↓

        | growin-granma | 保育セミナー | 13:55 | comments(0) | - |
        7月の保育セミナーのお知らせ
        0

          7月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
          たくさんのご参加お待ちしております。
          申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

           

          講師: 掛札逸美 氏 (NPO法人保育の安全研究・教育センター代表)
          内容:日常のケガ、ケガのヒヤリハットを保育の質の向上に活かす
          「ケガを減らさなきゃ」「このケガ、どうすれば予防できた?」…保育の中のケガは「減らそう」としても減りません。そうではなく、「このできごとは、私たちの保育として間違いだったね」「これは、この子が頑張った結果!」「このケガは、しなくて済んだらよかった」と考えられるようになれば、次第に減ります。つまり、自分たちの保育と環境、子どもたちをよりよく理解することが大切です。実践しますので、ケガ事例(受診、未受診)、ヒヤリハットを複数お持ち下さい(噛みつき、ひっかき、けんかは除く)。事故予防の復習も少しお話しします。

           

          お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
           記事内にて回答いたします。

           

          ↓クリックして拡大↓

          | growin-granma | 保育セミナー | 13:50 | comments(0) | - |
          保育セミナーだより(3/3)
          0

            平成31年1月15日(火)に掛札逸美先生による「子どもの命を守る・日々の気づき、ヒヤリハット」を開催しました。

             

             

            受講者の感想より

            ・ヒヤリハットに対する考え方や取り組み方の工夫について勉強になった

            ・リスクと価値しっかり見直したい

            ・リスクと価値についての話が印象に残った。すべてのことに理由づけできるように取り組みたい。
            ・あなたの園の価値の中でなぜ活動するのか、リスクは何なのかを説明するよう職員に伝えたい。

            ・気管は6ミリ、誤嚥や詰まることについて乳児の食べさせ方も注意していきたい

            ・価値が上がればリスクも上がる。でも怪我は増えないという言葉

             

             

            お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)

             記事内にて回答いたします。

            | growin-granma | 保育セミナー | 22:23 | comments(0) | - |
            平成31年1月の保育セミナーのお知らせ
            0

              平成31年1月の保育セミナーです。たくさんのご参加お待ちしております。

              FAX送信先が、044−766−3387に変更になりました。

              1218日から19日までの受け付けです。

               

              講師:掛札逸美氏(NPO法人保育の安全研究・教育センター代表)
              内容:子どもの命を守る:日々の気づき・ヒヤリハット
              日常の小さな気づきは、大きな事故の予防につながり、仕事のしやすさにもつながります。新年度に向けて、今からチェックと共有の方法を明確にしていきませんか? 小さな気づきを「報告してくれてありがとう!」と皆で明るく受け止め、命を守るために活かし、園全体のシステム改善に活かしていく方法です。


              お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
               記事内にて回答いたします。
               

              ↓クリックして拡大↓

              | growin-granma | 保育セミナー | 20:55 | comments(0) | - |
              保育セミナーだより(12/8)
              0

                平成30年11月1日(木)に今井和子先生による「3歳未満児の育ち〜遊びこそ豊かな育ち」を開催しました。

                 

                受講者の感想より

                ・一人遊びを誰にも邪魔されずに遊べる環境の重要性

                ・玩具の取り合いが起きるとすぐに「貸して」というフレーズを使ってしまいがちなので、今後は言葉がけを見直したい

                ・好きな事に夢中になれることは、大人になっても通じること、子どもの頃からが重要だと思った

                 

                お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)

                 記事内にて回答いたします。

                | growin-granma | 保育セミナー | 20:36 | comments(0) | - |
                12月の保育セミナーのお知らせ
                0

                  12月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
                  たくさんのご参加お待ちしております。
                  申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

                   

                  講師:黒須 和清氏 洗足こども短期大学教授
                  内容:つくってみせるちいさな劇場
                  保育者が保育の中で人形劇などを演じて見せると、子どもたちはとても喜び、感情を表出させたり、感動を体全体で表現します。しかし、日々の保育に追われているとなかなか製作の時間は取れません。そこで、保育の友「教えて!工作マエストロ」でおなじみの黒須先生が、身の回りの物を使ってすぐできて、子どもたちが楽しめる人形劇をノウハウと共に実技指導します。


                  お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
                   記事内にて回答いたします。

                  ↓クリックして拡大↓

                  | growin-granma | 保育セミナー | 20:40 | comments(0) | - |
                  保育セミナーだより(2018/11/12)
                  0

                    2018(H30)年10月15日(月)に安藤 正紀先生による「ムーブメント教育・療法とは」を開催しました。

                     

                    研修内容の一部です。

                    ムーブメント教育・療法とは

                    ・「遊び」が原点

                    ・「からだ・あたま・こころ」の全面的な発達を図る

                    ・「〜したい」という気持ちを引き出すアプローチ

                    ・環境との相互作用

                    ・子ども中心=柔軟な働きかけ

                     

                    受講者の感想です。

                    ・遊びを通してムーブメントの理論を振り返ることができた。遊びのバリエーションが広がった。

                    ・実際に身体を動かしたことで、保育に生かせることを身をもって感じることができた。

                    ・楽しかったです。偏らないこと、前→←後、早→←遅など。

                    ・実際の遊具を使っての実践が多く分かりやすかった。

                    ・楽しみながら発達を促していくことが、実際に動いてみるなかでイメージができた。

                    ・楽しみながら身体・認知・他すべてを学べることができ最高です。

                    ・遊びが原点、楽しむことが基本で、子どもの意欲、喜びを引き出すというところ。私たちもスカーフや縄を使ってたくさん動いて楽しかったです。

                     

                     

                    お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)

                     記事内にて回答いたします。

                    | growin-granma | 保育セミナー | 20:39 | comments(0) | - |
                    11月の保育セミナーのお知らせ
                    0

                      11月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
                      たくさんのご参加お待ちしております。
                      申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

                       

                      講師:今井 和子氏 元立教女学院短期大学教授
                      内容:3歳未満児の育ち〜遊びこそ豊かな育ち〜
                      乳幼児期は、人が人として育つための土台となる大切な時期。どんな保育者と出会えるかによって、その育ちが変わるといえるでしょう。専門的知識を要する乳児保育は、子どもと関われてよかったと思える魅力とやりがいに満ちあふれています。

                       

                      お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
                       記事内にて回答いたします。

                      ↓クリックして拡大↓

                       

                      | growin-granma | 保育セミナー | 22:21 | comments(0) | - |

                      一番上へ