グローイン・グランマ通信

NPO法人グローイン・グランマのブログです
NPO法人グローイン・グランマは川崎市を拠点に子どもの健やかな育ちを願って、子育て支援を目的にし、2008年12月にスタートしました。保育園の元園長達が自らの経験や技術を生かしながら、子育て支援と乳幼児教育関係者の研修を中心に子どもに関わる活動を続けています。
オンライン研修会のお知らせ
0

    保育セミナーでもお世話になっております「保育の安全研究・教育センター」の掛札逸美先生が、3月末と4月にオンラインでライブ研修会を開催されます。

    並木由美江先生にもご協力いただき、感染症対策と新年度の安全のポイントを、お伝えいただきます。

     

    詳細はこちらから。Facebookに登録していなくてもご覧いただけます。

    https://www.facebook.com/daycaresafety/  

    https://daycaresafety.org/  

     

    癒しや笑いの画像・動画も掲載されていますので、ぜひご覧ください!

    | growin-granma | 保育セミナー | 22:31 | comments(0) | - |
    2019年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 2月
    0

      2019年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 2月

      主催:川崎市男女共同参画センター(愛称 すくらむ21)

      運営:特定非営利活動法人 グローイン・グランマ

       

      令和2213日(木)の内容を紹介します。

       

      ―あそびの様子・活動をとおして―

       

      梅の開花や河津桜の満開など花のたよりが各地から聞かれる頃となりました。

      今日は朝からぽかぽか、4月のような陽気と、参加者の熱気でお部屋の中は暑く感じるほどでした。今年度最後の「ちいさなおはなし会」、絵本との新しい出会いはありましたか?

       

       

      「絵本の読み聞かせ」から   

      子ども向

      ・『おかあさんだ』(まついのりこあかちゃんのほん)作:まついのりこ

      様々な動物の赤ちゃんがお母さんに抱っこ。「えーんえーん」「おかあさんだ」この繰り返しのとてもシンプルな絵本ですが、なんだか心が温かくなります。

       

       

       

      ・「まる まる まる の ほん」作:エルグェ・テュレ 文:谷川俊太郎

      12月「ちいさなおはなし会」で講師の奥平さんから紹介された絵本の一冊です。

      「きいろいまるをおして つぎへいこう」から始まり、おしたり、こすったり、息をふきかけたり、小さなお手々で拍手をしたり…参加しながら楽しむ新感覚の絵本です。

       

       

      『あかちゃんのむかしむかし にんじんさんがあかいわけ』文:松谷みよ子 絵:ひらやまえいぞう

       ごぼうさんとにんじんさんとだいこんさんがお風呂にいきました。

      「ね だいどころへいってごらん ほんとでしょ とっぴんぱらりのぷう」でおしまい

       

      小さかった頃、紙芝居やお話で聞いたことがあり、懐かしいと感じられた方もいることでしょう。

       

      大人向け

      素話(絵のない語りだけで聞くお話)

      昔話「ねずみのすもう」

      太った長者どんのネズミと、お爺さんのところのやせ細ったネズミが「でんかしょ でんかしょ」と掛け声をかけながら相撲を取りますが、やせたネズミは負けてばかり。そこで…

      わが子を抱っこしながら、耳は語り手の方へ。想像しながら耳だけで聞くお話の語り口は、味わい深いものがあります。

       

       

      おしゃべりタイム

      昔話のリストを見ながら「思い出の昔話、好きな昔話」を聞きました。

       

      リストを見ても、知らない昔話が多い。聞いたことはあっても、お話の筋までは覚えていないとの声が聞かれました。

      話をしているうちに、「かさじぞうは、小学校の時に学芸会で」「人形劇で見た」「保育園の時に舌切り雀の劇をした」など思い出とともに少しづつ記憶が蘇って来たようです。

      中には、「今でも、うらしまたろうの玉手箱が気になる」「ももたろうの劇で、おばあさん役をした時、すごい上手。とほめられた」「さるかに合戦の本を母親に読んでもらい、今度は弟に読んであげたことを思いだした」そして、「実家に伝わる柿の木と桃の木にまつわる昔話がある」など特別なエピソードも紹介されました。

       

      昔話、民話は、語り継がれ伝承されてきたものですが、再話されて絵本になっているものもあります。生の声で語ってもらい、頭の中で情景を浮かべながら聞く昔話。次の世代へと語り継いでいきたいものですね。

       

       

       

      親子で絵本タイム

       

       

      ふれあいあそび

      「うまわ としとし」

       

      顔あそび「ここわとーちゃんにんどころ」

       

      あそびの紹介 伝承遊び

       

      あやとり

      「なにができるかな?」

       

      パパとママで「ゆびぬき」

       

      2人で「もちつきぺったんこ」

       

      まりつき

      「あれれ」

      ♪ひとやまこえて♪

       

      お手玉

      「ほら みてて」

      「こうやって こうやってね」

       

      けん玉

      「成功?」

      「集中!」

       

       

      お楽しみタイム

      カップ人形 「いないいないばぁ だれでしょね?」

      ♪かおをかくした おともだち♪

      「うさぎさーん」

       

       

       

      テーブル人形劇「はらぺこあおむし」

      歌を歌いながら人形を動かすと、みんな瞳をキラキラさせながら見入っていました。

       

      ♪おひさまがのぼってー♪

       

      ♪ちっぽけだったあおむしは こんなに大きくふとっちょに♪

       

      ♪きれいな ちょうちょになりました♪

       

       

      今年度の「ちいさなおはなし会」はこれで、おしまいです。

       

      一年間ありがとうございました。

      次年度につきましては、すくらむ21のホームページをご確認ください。

      http://www.scrum21.or.jp/

       

      もうすぐ春ですね。皆さまお元気にお過ごしください。

      ふきのとう

      | growin-granma | 絵本の読み聞かせ | 20:34 | comments(0) | - |
      保育セミナーだより(2/4)
      0

        令和2年2月4日(木)〜「無償化」の春に向けて〜

        「子どもたちの最善の利益のために年度末・初の保護者コミュニケーションをつくる」

        講師:掛札逸美氏(博士・社会/健康心理学)

        NPO法人保育の安全研究・教育センター代表

         

        掛札先生より

        NPOのサイトの「トピックス」(安全、コミュニケーション)に詳細な内容が収載されています。講演内容と併せて、サイトの内容を、園で必ず共有してください。」

        http://daycaresafety.org/

         

        保育セミナーアンケートから

        特に印象深かったことや、共感できたこと

         

        ・保育園の価値を入園前説明会や保護者会で保護者に伝えること(価値があるからリスクが伴う)(複数)

        ・保護者への伝え方、コミュニケーションの取り方

        ・自園で「できること」「できないこと」の線引き。できないことは「できない」と伝えることの大切さ

        ・謝罪すべきことと、そうでないことの区別

        ・人は予期してないことや、知らなかったことに対して感情を出す。情報を保育者が抱え込まず、普段の子どもの育ちを保護者に伝えること(信頼関係は日常の小さな事象を通じて築くもの)
        ・現場で働く保育士は言いたいことも言えず謝罪している状況にある。今回の講義にあるように入園前から価値に伴うリスクを園長、職員間で共有し保護者に伝えたい(そこで働く者を守る)
        ・職員を守るために、今日の講演は参考になったが、どのように今までの流れを変えていくかが課題である
        ・人間は、2歳以降ずっとイヤイヤ期である。自分で決めたい生き物であること

        ・ケガの対応について

        ・余計な除菌はしない

        ・「科学的根拠を理解する」という事

        ・ブレスチェック時のICレコーダの導入
        ・クライシスマネジメントについて
        ・「3000万語の格差」、1歳児の配置3対1
        ・サイトを熟読したい
        ・掛札先生の講義は毎回スカッとします

         

         

         

         

        お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)

         記事内にて回答いたします。

        今年度の保育セミナーは今回をもちまして終了いたします。

          多くの方のご参加ありがとうございました。

        | growin-granma | 保育セミナー | 14:08 | comments(0) | - |
        保育セミナーだより(1/20)
        0

          保育セミナー

          令和2年1月20日 テーブル人形劇〜子どもと楽しむ小さな世界〜

          講師 篠崎 亜紀氏 人形劇団 ひとみ座

           

          主な内容:篠崎氏によるテーブル人形劇の実演を観賞しながら、導入の仕方、注目、集中のさせ方、演じ方などを学びました。紙コップで作るオオカミと子ブタの資料配布

           

          アンケート結果から、印象深かったこと共感できたことなど

          ・演じ手の目線で人形に命を吹き込むことができること、息づかいの大切さを学んだ
          ・演じ手の呼吸と立ち位置、導入が大事
          ・ざわざわ落ち着かない中、前に立つことに抵抗があったが、一呼吸おいてみることを実践したい
          ・呼吸の大切さ、客の視線は演じ手の視線と一緒であること、今まで人形を見ることをしていなかった
          ・呼吸や、声の出し方。目線についての話は普段の保育に活かせると感じた。
          ・人形の見せ方、作った人形が立ち置いておくことにより、話が展開されやすく面白い。また、人形が置いてあることでワクワク感が伝わり、次へと導入しやすいと感じた
          ・思っていた以上に細かな部分や、見ている側のことを考えて演じていることを知り、奥が深いと感じた
          ・演じ方は、さすが人形劇団の演者であると感じた



           

          お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)

          記事内にて回答いたします。

          | growin-granma | 保育セミナー | 14:02 | comments(0) | - |
          2019年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 1月
          0

            2019年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 1月

            主催:川崎市男女共同参画センター(愛称 すくらむ21)
            運営:特定非営利活動法人 グローイン・グランマ

             

            令和2年1月18日(土)の内容を紹介します。

             

             

            ・水仙・山茶花・こま

             

            ↓クリックして拡大↓

             

            ―あそびの様子・活動をとおしてー

             

            新しい年を迎えてから、早半月が過ぎました。災害のない穏やかな日々でありますように、そして、今年も心身共に健やかに過ごせますように。

            暖冬が続いていましたが、「ちいさなおはなし会」当日は、朝から冷たい雨が降り、雪もちらつくこの冬一番の寒さとなりました。小さなお子さんを連れてのお出かけは、何かと大変ですが、スタッフの心配をよそに、防寒対策を万全に備え、みんな元気なお顔を見せてくれました。

             

             

            「絵本の読み聞かせ」から

            子ども向       

            ・『あっぷっぷ』作:中川ひろたか、村上康成

            ♩だるまさん だるまさん にらめっこしましょう わらうとまけよ あっぷっぷ♩

            絵本を見たあと、みんなで「あっぷっぷ」。お母さんが「あっぷっぷ」今度は、お父さんが「あっぷっぷ」。手足をバタバタさせながら調子をとり「あっぷっぷ」を楽しんでいました。

             

            ・『ばいばい』作・絵:まついのりこ

            かじっても、ほうりなげても安心の厚紙絵本です。

            「こんにちは」そして「ばいばい」の繰り返しが心地よく、「ぞうさんだね」「あっうさぎさん」などと話しかけながら見るのも楽しいですね。最後は、みんなで「ばい ばーい」「おしまい またね」

             

            大人向け

            『鬼といりまめ』(行事むかしむかし)作:谷真介 絵:赤坂三好

            節分の由来絵本の一冊です。

            「節分に豆まきをするのはなぜ?」雨を降らせてくれた代わりに、鬼のもとに泣く泣く嫁いだ娘お福。そのお福が道しるべに落してきた菜の花の種…

            煎り豆を土に埋め、水をあげる鬼のけなげな姿に、ちょっとかわいそうな気もしてきますが、由来を聞いたお父さん、お母さんは「ふ〜ん」と納得の様子でした。

            2020年の節分は、23日(月)「鬼は外、福は内」と大きな声で豆をまき、福を招き入れたいものです。

             

            おしゃべりタイム

            一年の始まりの月であることから、「わが子に伝えていきたい行事」について「おしゃべりタイム」

             

            お父さん、お母さん自身が育ってきた中で、経験し思い出に残っている「七夕」「クリスマス」。小さいころ絵本などを見てあこがれた「お月見」「どんど焼き」の行事。お正月「おせち料理」「七草がゆ」など食が伴う行事。子どもの成長を祝う「誕生日」「ひなまつり」「こどもの日」などの行事が話題になりました。

            また、親となって「ご先祖様からのつながりで、自分が今ここに居ることを大事にしたい」という思いから、「お盆」「お彼岸」という声も聞かれました。

             

            配った一覧表には、日本の年中行事・記念日を主にのせました。

            伝えたい行事は、地域や家庭によりそれぞれ違いますが、日本の大事にしてきた年中行事を次の世代に残していきたいものです。

             

            親子で絵本タイム

             

             

            ふれあいあそび

            くまさん登場に集中!

             

            おせよ おせよ(おしくらまんじゅうのようなあそび)

             

            めんどり おんどり(歩きながら人数を増やしていくあそび)

             

            あそびの紹介(正月遊び)

            福笑い

            「いま、ママがふくわらいで遊んでいるから、まっててね」

            「できあがり」

             

            こま回し

            「なになに?いそげー」

             

            「パパの回したコマだよ。一緒に見よう」

             

            折り紙凧

             

            みんなで歌おう

            「ゆりかごの」歌を歌い終わるころにはママの膝の上でスヤスヤ

             

            次回は令和2213日(第2木曜日)

            今年度最後の「ちいさなおはなし会」となります。皆さまの参加をお待ちしております。

             

            ↓チラシ・クリックして拡大↓

            お申込みなどは「すくらむ21」の電話・FAX・ホームページにてお願いします。
            http://www.scrum21.or.jp/


            ご意見・ご感想はブログのコメント欄をご利用ください。非公開をご希望の方はその旨お書き添えください。

            | growin-granma | 絵本の読み聞かせ | 13:49 | comments(0) | - |

            一番上へ