グローイン・グランマ通信

NPO法人グローイン・グランマのブログです
NPO法人グローイン・グランマは川崎市を拠点に子どもの健やかな育ちを願って、子育て支援を目的にし、2008年12月にスタートしました。保育園の元園長達が自らの経験や技術を生かしながら、子育て支援と乳幼児教育関係者の研修を中心に子どもに関わる活動を続けています。
編集中
0
    | growin-granma | - | 21:08 | comments(0) | - |
    保育セミナーだより  2018 1月15日
    0

      29年12月13日(水)に掛札逸美先生による「子どもを預かる施設における深刻な事故予防」を開催しました。

       

      研修内容の一部です。
      今の保護者は施設では怪我などリスクがないと思っている。
      保育の価値(育ちと学び)=リスク(ケガやケンカ等)がついてくるということを保護者に伝えることが大切である。
      怪我には共感性があるが深刻事故には共感性がない。
      職員間の連携とは自分の言ったことが現実になってはじめて連携となる。
      呼びかける→返事をする/復唱する/返事を要求する

       

      受講者の感想です。
      感想より

      ・怪我をさせない保育ではなく、自分たちが提供している保育の価値に対するリスクであるという考え方に共感した。
      ・価値=リスクがついてくるという言葉は目からうろこでした。リスクではなく価値を伝える、ポジティブ保育を心がける。
      ・プラスの話題の中でリスクを親に伝えていく(リスクに慣れてもらう)
      ・保護者に子どものリスクを伝えるということや、「リスクはつきもの」を具体的に話してくれてわかりやすかった。


      お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
       記事内にて回答いたします。

      | growin-granma | 保育セミナー | 21:18 | comments(0) | - |
      2018年1月の保育セミナーのお知らせ
      0

        2018年1月の保育セミナーです。ただいま申し込み受付中です。
        たくさんのご参加お待ちしております。
        申込締切日より後でも残席に余裕があれば受け付けます。

         

        講師:安藤 正紀氏 (玉川大学教職大学院教授)
        内容:乳幼児や発達の遅れた子どもの感覚運動指導
        ムーブメント教育・療法は、子どもの自主性、自発性を尊重し、子ども自身が動くことを学び、動きをとおして「からだ(動くこと)」と「あたま(考えること)」と「こころ(感じること)」の調和のとれた発達を援助します。従来の単なる体育遊びや体育指導ではなく、また、医学療法を中心とした治療訓練でもありません。

         

        お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
         記事内にて回答いたします。

        ↓クリックして拡大

        | growin-granma | 保育セミナー | 21:56 | comments(1) | - |
        2017年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 12月
        0

          2017年度 0歳児の親子のための こころとこころをつなぐ「ちいさなおはなし会」 12月

          主催:川崎市男女共同参画センター(愛称 すくらむ21)

           

          1214日(木)の内容を紹介します。


           

          ↓クリックして拡大

           

          ―遊びの様子・活動をとおして―

           早いもので、一年のしめくくりの月となりました。

          師走の声を聞くとなんとなく気ぜわしくなりますね。子育て中は特に忙しい日々、ひとときですがゆとりを感じながら、お子さんとの時間を楽しめるようにとの思いを込めて「ちいさなおはなし会」のはじまりです。外は冬ばれ、お部屋の中は暖房の必要もないほどぽかぽかでした。

           

           

          絵本の読み聞かせから

          子ども向け

          『あがりめさがりめ』 いまき みち作

          『おさじさん』 松谷みよ子作・東光寺啓イラスト

          『しろくまちゃんのほっとけーき』 わかやまけん作

          読み聞かせの後、クマさんの人形を動かしながら♪くまさんくまさんまわれみぎ♪と歌うと、前のめりのお座りでお口をポカーンとあけて、クマの人形をジーッと見つめるちいさな姿が。その姿のかわいいいこと、みんなの笑顔をさそいます。

           

          大人向け

          『かさこじぞう』 岩崎京子作

          『かさこじぞう』や『かさじぞう』のタイトルでたくさんの絵本が出版されています。

          貧しいながらもこころ優しい老夫婦と、六地蔵様のお話。素朴で温もりのある絵、語りが、ほっこりとした気持ちにさせてくれます。

           

          絵本タイム

           親子で好きな絵本を見よう 

          読み方もいろいろです

          抱っこして、寝転んで…あらあら絵本がさかさま?

           

          おしゃべりタイム

          お母さんの「思い出のえほん」

          「絵本国内ベストセラー20」の絵本を紹介した後、小さかった頃の「思い出の絵本」をそれぞれ話してもらいました。

           

          移動文庫で借りた絵本の記憶や祖母に読んでもらった昔話。一部分のフレーズだけ覚えている絵本。小さかったときに読んでもらった絵本を大人になって古本屋で偶然見つけたり、復刻版に出会ったり。絵本との出会いやかかわりはみんな様々です。「おしゃべりタイム」で話しているうちに、急に絵本のタイトルを思い出したり、絵本に関する記憶がよみがえってきたおかあさんもおられました。

          「自分が好きだった絵本や母親が読んでくれた絵本を我が子にも読んであげたい」との思いがふつふつと湧き上がってきたようでした。

          絵本の「ベストセラー20」もそうですが、絵本は時代を超えて読み継がれていくものです。思い出とともに、絵本を通してつながっていく絆のようなものを感じました。

           

          自然物を使ってフォトフレームづくり

          時間の制約もあり、材料選びをし、家で作ってみることに。どんなフォトフレームができあがるのか楽しみです。

           

          フォトフレーム紹介

          材料は身近にある枯れ枝や色づいた葉、木の実、ドライフラワーなど

           

          次回は新年113日(土)です。土曜日ですので、是非お父さんの参加もお待ちしております。

           

          お申込みなどは「すくらむ21」の電話・FAX・ホームページにて
          http://www.scrum21.or.jp/


          ご意見・ご感想はブログのコメント欄をご利用ください。非公開をご希望の方はその旨お書き添えください。

          | growin-granma | 絵本の読み聞かせ | 21:37 | comments(0) | - |
          保育セミナーだより(2017/11/17)
          0

            保育セミナーだより(2017/11/17)
             
            291117日(金)に水野智美先生による講座「発達障害について」を開催しました。

            研修内容の一部です。

             

            ○発達障害の基本中の基本は「先生の指示がわからない」ことである。

            指導のポイントは「わかる環境をつくる」

            1.はっきり短く具体的に

            2.目で見てわかる手がかり(絵カード・実物・ジェスチャーなど)

            3.指示は個別に

            4.指示はその子が主語になるように

             クレヨンもってきなさい×→クレヨンもってきます

             ちゃんと坐りなさい×→ちゃんと坐ります

             

            ○自閉症児は偏食が多い

             例:白ご飯のみ、固形物を一切くちにせず

             

            1.偏食指導の大原則は

            .スモールステップで挑戦する

            ・少しでも食べたらほめる

            2.絶対やってはいけないこと

            ・無理やり食べさせる

            ・こわがらせる 例 「食べないと病気になっちゃうよ」 おどしはダメ


            お問い合わせはコメント欄をご利用ください。(非公開)
             記事内にて回答いたします。

            | growin-granma | 保育セミナー | 21:50 | comments(0) | - |

            一番上へ